So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ

第17回セミナーありがとうございました [イベント]

この前の日曜日、6月8日に第17回はーとふるセミナーを開催しました

m_m_ncc_01.jpg


会場はいつもの名古屋国際会議場、

梅雨の期間中で、お天気を心配していましたが、雨は大丈夫でした(*^^)v

今回は、申し込みが多くて、残念ながら参加をお断りをした方もみえ、

本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

DSC_4235.jpg



満堂の中、「社会性を育てる保育・教育」を大テーマとして


LD発達相談センターかながわの安住ゆう子所長からは、発達障害のある

子どもの社会性についての概論、更にはSST等を使って社会性を育てる

指導の実際についてのお話を頂きました


また、東京学芸大学の藤野博教授からは、「なぜ、人の気持ちを理解しにくいのか?」

自閉スペクトラム症の子どもの認知特性について、最新の情報を交えながら

詳しくお話を頂きました


受講者の皆様には、メモなどを取りながら熱心にご聴講頂きありがとうございました


第17回はーとふるセミナー [イベント]

黄砂なのか花粉なのか、はたまたPM2.5なのか??

今日は、空が霞んで視界がよくありませんねー

何れにしても、花粉症などお持ちの方は、お大事にされて下さい(^ω^)

DSC_3707.jpg


さて、まだ少し早いと言われるかもしれませんが、6月に開催する

第17回ハートフルセミナーのご案内をさせていただきます


年度末になり、次年度の事業計画や研修計画を作成される時期ですので

折り込んでおいて頂ければと思い、早目のご案内です(^O^)

IMG111.jpg


今回は、「社会性を育てる保育・教育」を大テーマとして


LD発達相談センターかながわの安住ゆう子所長から、幼児期~小学校低学年を

中心とした発達障害のある子どもの社会性についての概論から、SST等を使った

社会性を育てる指導の実際についてのお話を頂きます


また、東京学芸大学の藤野博教授からは、「なぜ、人の気持ちを理解しにくいのか?」

自閉症スペクトラム障害の子どもの認知特性について、詳しくお話を頂きます

IMG_0001.jpg


お申し込みは、上記「セミナーお申し込みフォーム」にご記入の上、FAXしていただくか

はーとふるホームページのお申し込みページよりお願いいたします

ご不明な点やご質問についてはお電話で承りますが、療育指導中は電話に

出られない場合があります

午前9時~10時、午後2時~3時が比較的つながり易い時間だと思いますので

よろしくお願いいたします

m_ncc_01.jpg


はーとふるで演奏会 [イベント]

SCN_0007.jpg
      4日中日新聞朝刊

SCN_0008.jpg
          5日岐阜新聞朝刊

2月3日節分の夕方、はーとふるで演奏会が開かれました

しかも、上の記事にあるように新日本フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる

弦楽四重奏の演奏会です(^^♪


小さな子供たち、とりわけ発達に障害を持った子どもたちは、じっと静かに

音楽に耳を傾けるという事が苦手なので、なかなかクラッシックの生演奏を聴く機会が

少ないのが現実です


DSC_3720_convert_20140204165011.jpg


演奏会には、通所している子供たちや親御さんが参加してくれました

演奏が始まると、狭い部屋に心地よい響きが拡がります


中には耳をふさいでいる子もいますが、それ以上嫌がらずにじっとしています(^^)

あれ程近くで聴くと、耳からだけでなく、体中に楽器の響きが伝わってくる感じがします

きっとそれが気持ちいいんでしょうか?


何処かで聴き覚えのあるクラッシック曲、懐かしい坂本九さんのメドレー、アルゼンチンタンゴ

弦楽四重奏ではまさかの八木節、となりのトトロは演奏に合わせて歌も歌いました


新日本フィルは、実際にスタジオジブリの作品の演奏も手掛けていますので、

本物の生演奏をバックに歌うなんて、なんて贅沢なことでしょうか?


DSC_3728_convert_20140204165127.jpg


演奏会の終わりには、子供たちからのお礼として、演奏者の皆さんに手作りの

「文香(ふみこう)」を贈りました


こうした得難い機会を与えていただきましたアーラの可児市文化芸術振興財団

の皆さん、そして遠方まで演奏にお越しいただいた岸田晶子さん、吉村知子さん

高橋正人さん、矢野晶子さん、本当にありがとうございました












第16回はーとふるセミナーありがとうございました [イベント]

去る1月26日日曜日、第16回はーとふるセミナーを開催致しました

DSC_3707.jpg


早朝に雨が降って、少し心配しましたが、その後晴れてきて良かったです

室内のセミナーでお天気は関係ないものの、やっぱり良い天気の方が・・・(^ω^)


何かとご多用のところを、鹿児島県など遠方を含めて多くの方にご参加いただき

本当にありがとうございましたm(_ _)m

また、とても熱心にご聴講いただき、重ねて御礼申し上げます


セミナー全般を通じて、ハンディを持つ子どもの不得意な部分について

育てていく事と共に、絵カードやジェスチャー、情報通信機器などを積極的に

使って、コミニュケーションを取れるようにしていく事の重要性をお聴きしました


健常者に合わせるのが当然ということでなく、それぞれの能力に応じた道具や

機器の活用が出来る社会を創出していくことも大切ですね


まだまだ不十分だとは思いますが、街を車椅子で動き回れる環境はかなり進みました

オリンピックで義足のランナーが大活躍したことも、記憶に新しいですね


こういった身体のハンディに比べると、発達障害のようなハンディは他から見えにくい分

その人たちの身になった社会構造や理解等の取り組みが遅れているのは

確かなことだと思います

私たちも、こういったことを心に留めながら、今後も取り組んで行かなければと思いました


たいへん示唆に富んだお話をいただいた、東先生、中邑先生、本当にありがとうございました




晴天ファミリーハイク [イベント]

朝晩、とても冷え込むようになりましたねぇー(+_+)

特に今週明け月曜日は、自宅でも室外の温度計が5℃を指してました

お出掛けや、就寝の際には、ぜひ冷え込み対策をお忘れなく(^^)

CIMG7818_convert_20131030121531.jpg
坂祝町から猿啄城を望む

さて、先週は台風が立て続けにやって来て、不安定な天気でした


27日(日)には、はーとふるのファミリーハイキングを予定していて、心配してましたが

おかげさまで秋晴れに恵まれて、無事に開催できました


合宿の時は、天候が悪くて山登りを断念していますので、「今回こそは絶対に!」という

みんなの気持ちが天に届いたんでしょうかね(*^^)v

DSC_3054_convert_20131030122812.jpg
[>]押しても動きません(笑)

今回の山は、各務原アルプス・・・・濃尾平野の北端に東西に連なる

とても見晴らしのイイところです(^^♪

CIMG7826_convert_20131030121621.jpg


集合時間が近づくと皆さん順次集まってきて、各務野自然遺産の森で開会式

今回は、約20組のご家族が参加しての開催となりました

2e6a75b92259461782e9c8ec75c80334_convert_20131030184257.jpg
明王山頂

今回のハイキングは、短いぐんぐんコースと長いびゅんびゅんコースの2コ-スがあり

両コースともに、先ずは明王山頂(標高380m)を目指します


ぐんぐんコースは、ここから迫間不動を経由しながら下山し

びゅんびゅんコースは、ここから更に猿啄城までを往復した後に、迫間不動を経由し下山します

DSC_3061_convert_20131030122914.jpg
猿啄城跡

前回はぐんぐんで参加だった子も、今回はびゅんびゅんコースにチャレンジして

見事にゴールしたり

親御さんが途中でリタイヤされても、自分自身は立派に歩ききったり・・・・

子どもたちの成長を実感できた、うれしいファミリーハイキングでした(^^♪

CIMG7836_convert_20131030121751.jpg
山頂からの眺め、木曽川の向うに名古屋市の高層ビル群が

山登りは、体力作りはもとより、親子のコミュニケーションの構築にも有効ですし

大人の運動不足解消にも持って来いです


これからは気候も良いし、紅葉がきれいな時期になりますので、機会を見つけて

ぜひ続けていただけると嬉しく思います















夏合宿まで2週間 [イベント]

夏休みが間近に迫ってきました[晴れ]

子どもたちが、指折り数えて楽しみにしているのとは対照的に

戦々恐々としているお母さんも多いのでは?・・・・と思います(^^)


さて夏休み中の行事として、NPOはーとふるでは毎年「夏合宿」を行っています

今年も、今月末31日から2泊3日の日程でひるがの高原へ行く予定です


それに先立ち、去る7月7日(日)に合宿参加者と保護者さん向けの

説明会を行いました



CIMG7445_convert_20130717105608.jpg


引率する職員やボランティアスタッフの自己紹介に続き、

参加者自身が自己紹介と「合宿で頑張ること(目標)」を発表し

他の皆さんから大きな拍手をもらい、嬉しそうだったり照れたりしていました


その後、持ち物やリュックの整理の仕方について詳しく説明がありました

CIMG7461_convert_20130717105632.jpg


参加する子供たちの中には、何度か参加していてサッサとできる子や

お母さんに手伝ってもらってやる子、様々ですが、合宿本番では

出来るだけ自身でできるように練習しておきましょう!(^^)!


またこれ以外に、身辺自立の中で身につけてほしいことを

「合宿で出来るように」という事をモチベーションにして、親子で取り組んで

いただけると効果的だと思います



この合宿を本当に楽しみにしてくれている子も多いので、

私どものスタッフも張り切って準備をしています(^^♪


また、普段の療育では見ることが出来ない場面での子どもの姿・様子を

観察して、指導に繋げるチャンスでもあるので、楽しみにしています


どうか、お天気に恵まれて、予定してる山登りやボランティア作業

農業体験などが、予定通りに行えることを願っています


子どもは、目先に楽しみがあると、はしゃぎ過ぎて怪我をしたり

急に熱を出して行けなくなったりすることも、経験上多いので

そのあたり少し気を付けてあげて、全員参加できるとイイですねー


第15回はーとふるセミナー開催 [イベント]

7月に入りましたが、比較的過ごしやすいですねー (^^♪

梅雨時だから雨は仕方ないにしても、それ程長く続かないし・・・・

去年の今頃と比べると、特に朝晩が涼しいような気がします (^^)


さて先日、6月30日(日)に第15回目となる「はーとふるセミナー」を開催しました

DSC_2160_convert_20130704230105.jpg


会場の名古屋国際会議場は、日曜日とあってどのホールも催しが目白押し

掲示板からセミナー会場を探すのさえ、タイヘンです (^^ゞ


DSC_2154_convert_20130704230016.jpg


それでも、開演の40分ほど前から少しずつ来場が始まり

今回も、多くの皆さんに参加いただき、本当にありがとうございました

DSC_2157_convert_20130704230047.jpg


今回の講師は、三名とも以前の「はーとふるセミナー」で講演をいただいた

先生ばかりでしたが、前回とは違った観点でのお話を興味深く拝聴できました


大変ご多用の中、ご登壇いただきまして、ありがとうございました


聴講いただいた皆さんも、とても熱心に参加をいただき、主催した者として

たいへん嬉しく思いました


DSC_2155_convert_20130704225950.jpg


また、準備した書籍もたくさん購入いただき、ありがとうございました


子ども達のために、貴重な一日を勉強にあてて頂いたことに感謝し

今回のセミナーが、皆さんと皆さんが関わられる子ども達の

お役にたてることを心より祈念いたします



第15回はーとふるセミナー [イベント]

風疹の流行だったり、鳥インフルエンザの話だったり

なんだか気になる話題ばかり報道されてますね


テレビを見てると心配になりますが、一歩外に出れば

季節は春爛漫、新緑と季節の花が織りなす風景に

心も晴ればれします(^^)/

CIMG7378_convert_20130419090455.jpg


はーとふるクリニックの玄関にある、ハナミズキも鮮やかな

花をつけて、一年で一番の晴れ舞台を演じてくれています


そして気がつけば、町中のハナミズキが一斉に咲き誇っていて

「誰がコントロールしている訳でもないのに、どうしてこんなに

時期が揃うんだろう?」と自然の営みの素晴らしさには驚くばかりです


さて今回は、第15回目を数えます「はーとふるセミナー」の

ご案内をさせていただきます

TKY201210120242.jpg



来たる6月30日(日曜日)に、いつもの名古屋国際会議場を会場として

開催させていただきます

IMG12.jpg


IMG_00014.jpg


今回は、「気になる子への保育・療育―幼児期に大切にしたいこと―」

の大テーマのもと、講師として

愛知県障害者コロニー中央病院の吉川徹先生

大阪府立大学の里見恵子先生

公益社団法人発達協会の倉持親優先生

の三名にご登壇いただき、それぞれのご専門や

ご経験を通じてのお話をいただきます


それぞれ、活動のステージが異なる講師陣ですが

第一線で活躍され、注目を集めておられる面々ですので

今から、お話が聴けるのをとても楽しみにしています(^^)


第15回はーとふるセミナーまで70日、お申し込みはこちらへ


今年も Light It Up Blue! [イベント]

3月もあと僅かとなりました

週末と月末と年度末がいっぺんにやって来て

なんだか慌ただしいですねぇー('∀`)


ところで、・・・・

来月早々、4月2日は国連で定めた「世界自閉症啓発デー」です

また、併せて2日から8日までは「発達障害啓発週間」となっています

DSC_1454[1]_convert_20130329133314.jpg

はーとふるの廊下にも、送られてきたポスターが掲示されています


この期間、いろいろな場所で様々なイベントが催されます

街頭PRやセミナー、シンポジウム等が中心ですが

そういった催しの一環として行われるのが

Light It Up Blue!です

「世界自閉症啓発デー」の4月2日の夜、世界中の色々な建造物を

ブルーの照明でライトアップして、自閉症への認知と理解を呼びかける

というイベントです

425814_503284366399697_544127305_n_convert_20130329140831.jpg

東京タワー・東京スカイツリー・明石海峡大橋・札幌時計台・・・・・

近くでは、木曽三川公園のツインアーチ138タワーや

富山県の五箇山菅沼集落や富山城でも実施されます


私どもはーとふるでも、昨年に引き続いて参加しよう

ということで、はーとふるの建物を対象としてこの

Light It Up Blue!実施する予定です


大きな施設ではないので、目に留まりにくいとは思いますが

通りかかった人の目に留まり、「なんだろう?」ということで

自閉症や発達障害に対する理解に繋がれば、と思います


自閉症だけでなく発達障害全般への理解を祈念しつつ

8日までの「発達障害啓発週間」の期間中、ずーっと実施します

時間的には、午後7時くらいから夜半までの予定です

m_P1060150.jpg

昨年は、こんな感じで実施しました

もしお目に付きましたら、もう一人誰かにお話していただけると幸せです



はーとふるセミナーありがとうございました [イベント]

本日、第14回はーとふるセミナーを無事に終了しました

DSC_1095.jpg



年明け間もなく、何かとご多用の中にもかかわらず

ご出席いただいた参加者の皆様には、あらためて感謝を申し上げます


また、講師をお願いした池田先生・古庄先生には

応用行動分析や医学的なアプローチなど、比較的高度な内容を

現場での実例や体験を交えながら、平易に解説していただき

解りやすい講演をいただきました


講演後も、講師を訪ねて質問などをされる参加者もみえて

ポジティブなセミナーになったことを、ありがたく思っています


本年6月には、第15回はーとふるセミナーを同じ会場で開催する予定です

皆様からいただいたご意見や、協力いただいたアンケート結果等を踏まえ

より質の高い、ニーズに合ったセミナーにしていきたいと思いますので

ご指導・ご協力、よろしくお願いいたします


イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。