So-net無料ブログ作成

ATARU [発達]

10月に入ったというのに暑いですね~(^^ゞ

本来なら衣替えの時期なのに、クールビズの延長が主流になってるようです


これからの時期l、時間帯やお天気によって気温が急に変化しやすいので

体調管理には十分に注意してくださいね(*_*)


さて、秋はスポーツ・芸術・食欲・行楽・読書・・・・何をやっても良い季節ですが

あなたは、「何の秋」派でしょうか?


27059602_convert_20131002120203.jpeg


芸術とは言いがたいですが、映画の秋という方も多いと思います、ということで

今、上映中の映画 「劇場版ATARU」 です


TBS系列の人気ドラマの劇場版ですので、きっと皆さんご存知のことと思います

25799682_convert_20131002115951.jpeg


この映画の中で、SMAPの中居君演じるのが、「猪口 在(ATARU)」です


彼には、生まれつきサヴァン症候群に起因した幾つかの特殊能力が備わっていて

その特殊能力を犯罪捜査に活かそうと、目を付けたFBIの教育を受けている

捜査官候補生という設定です


瞬時に映像や文章を記憶したり、膨大な記憶(知識)を駆使して犯罪捜査に活躍しますが、

他人とのコミュニケーションは極端に苦手で、会話すら難しい

25908229_convert_20131002120135.jpeg


衣服や食べ物への強いこだわり、デグーのぬいぐるみマスコットをいつも持ち歩いている

など、発達障害を思わせるシーンも多く登場します

普通の人では理解できない、あまりの活躍に、犯罪の容疑をかけられてしまいますが・・・

続きは、映画館で楽しんでくださいね(^^♪

23449769_convert_20131002115917.jpeg


歴史に名を残す「天才」と言われた人の中には、このサヴァン症候群の人が

結構いるんじゃないか、というのは知られた話ですが


そこまでじゃなくも、私が普段接している子供たちの中にも、へぇ~凄い! と

驚くことが度々あります


なかなか難しいこととは思いながら、彼らの力をFBIというような特殊なところでなく

身近な社会で活用できるようになると良いなぁーと思いました





似たタイプだと共感しやすい [発達]

台風18号は、日本列島各地に大きな被害を与えながら、通り過ぎていきました

皆さんがお住まいの地域は大丈夫でしたか?


この可児市も、2010年7月15日・2011年9月15日と2年続けて

水害に見舞われ、大変でした(=_=)


今も浸水や土砂崩れ等の映像を見ると、あの時の記憶がよみがえります

被災された方や、地域の皆さんには心よりお見舞い申し上げ、一時も早く

元の生活を取り戻されることを、お祈りいたします<(_ _)>


さて、数ヶ月前のことですが、新聞の記事が目に留まり、切り抜いてとって

おきましたので、その紹介です

IMG_convert_20130917141138.jpg
中日新聞より

京都大学・福井大学・金沢大学のチームが研究発表したもので

一般的に他人の考えや行動についての理解が苦手とされている、発達障害の人が

自分と似たタイプの人のことに関しては、とても高い理解度を示すというものです


記事を読んで、「なるほどなぁー」と思いました


そういえば、NPOはーとふるに通ってくる子供さんにも、発達に障害を持つ子が

多くいますが、よく似た傾向を持つ子どうしが仲良くしているのをよく見かけます


時には、発語が無いような子どうしでも、妙に気が合ってるような気がする時もあります


NPOはーとふるでは、同じような傾向を待った子を集めて時間を区切って

療育を行なっているからだと思ってましたが、実は深いところで共感し合って

いるからかも知れません


健常者どうしでも、「どうしてあの人は???」と、相手の考えや行動が

理解できないことが、しょっちゅうあります (+_+)


それが、初対面の人とか、いつも身の周りにいる人とかは関係なく

すぐに考えていることが理解出来る相手と、何度会っても理解し難い

相手があると思います


今回研究発表された先生は、「ASDは他者への共感が乏しいといわれるが

自分と似ていない人に共感するのが難しいだけかもしれない」と言われて

いますが、そんな気もします


今後、更に研究を進めていかれるそうですので、その成果に期待しつつ

私どもの、クリニックや療育の場で応用していけたらと思っています



台風一過、とても爽やかな一日となりました

急に涼しくなり、夏の疲れが出やすい時期でもありますので、少しお気をつけ下さいね(^^)/




右脳が活発に活動 [発達]

発達に障害を持つ子供たちの中には、絵を描いたり工作をしたり

自分の好きなモノや歴史などの記憶等に、秀でた子が多く見られます


これは、以前から知られていたことですが、

先月末に、これを科学的に裏付ける研究発表がありました


この研究は金沢大学の子どものこころの発達研究センターの

研究グループがまとめイギリスの科学誌ネイチャー系の電子雑誌

「サイエンティフィック・リポーツ」で発表したものです


srep01139-f5.jpg
nature.comより


研究グループは、発達に障害を持つ子供26人(男児22人、女児4人)と

障害を持たない子供26人(同)を比較対象に、幼児用に特別に開発された

脳磁計と呼ばれる装置を用いて脳内の神経ネットワークを調査しました


その結果、発達に障害を持つ子供は、障害を持たない子供に比べて

右脳後方部のネットワークが、視覚を含む脳の情報処理に深く関与する

「ガンマ波」の振動を介して、強く結びついていることが分かったそうです


この結果を受け研究グループは、

障害を持たない子供の脳が全体的に活動しているのに対して

広汎性発達障害を持つ子供は、脳の中でも右脳が顕著に活発な活動をしていて

これは固有の特徴と考えられると結論づけています


科学や研究の進歩で、発達障害のメカニズムの解明が進み

子供たちの強みを伸ばしたり、弱みを埋める一助となることを願います



大人のADHD2 [発達]

先月「大人のADHD」という記事で、中日新聞の記事を紹介しました

大人になって、うつ病などの発症から「自分はADHDだった」ということが判明した

ということが増えている

そして、ADHDの弱点をカバーする工夫や、更にはその特性を活かしていく

取り組みが始まってきている、とういものでした


今回は、その記事の続編が掲載されましたので、ご紹介します

EPSON005.jpg

                                  中日新聞2月7日朝刊より

社会人となって困ることで切実なのは、仕事が続けられない場合だと思います

仕事に就いたけれど、人間関係や度重なるミス等で続かない

新しい職場を見つけても同じようなことになったり、探すこと自体が困難

といった悩みを抱える方も少なくない現状です


最近では、発達障害に対する社会的な認知が進んで

就労や社会生活を支援する様々な取り組みや、施設が整備されつつある

といった内容でした

また小さな囲いの記事でしたが、大学等でも発達障害を持った学生への支援を

行うところが増えて来ている、というのもうれしい事ですよね



大人のADHD [発達]

今日の中日新聞に「大人のADHD」に関する記事がありました

健康面に結構大きな記事だったので、読まれた方も多いと思いますが

目に止まりましたので、紹介します


EPSON004.jpg

                             (中日新聞 2012年1月24日朝刊より)


最近、大人になってから「自分は発達障害ではないか(なかったか)?」という

悩みを持たれて、受診される方が増えているという話を耳にします

この記事にある芹沢さんも、その中のお一人です

一般的には、学齢期の子どもの3~7%にADHDがみられますが

その内の3割程度の方は、成長しても何らかのADHDの症状を残していると

言われています


芹沢さんは、社会で色々な辛い思いをされた末ではありますが

現在は、ADHDがあることを活かした仕事をご自分で始められたそうです


子供の感性 [発達]

CIMG5509.jpg


はーとふるクリニックの診察室入り口にあるオブジェです

なかなかイイと思いませんか?

実はこれ、NPOはーとふるに通っているK君が小学校3年生の時に制作した壁掛けなんです

最初にこの作品を見たとき、「センス[ひらめき]がイイなぁ」と思いました

同じ材料を渡されても、私には真似できないなぁ・・・・・と

二枚貝やヒトデを重ねて使ったり、巻貝が微妙に枠からはみ出していたり、
なかなか思いつかないと思います

この子の感性[ぴかぴか(新しい)]の成せる業ですね[exclamation]

色のバランスも良くて、とても気に入ったので入り口に飾りました[わーい(嬉しい顔)]

トイレの話 [発達]

CIMG5531.jpg


上の写真は「子育て支援センターはーとふる」の療育室にある[トイレ]トイレです

家庭[家]のトイレは大小兼用が一般的ですが、外出先や公共の場所[ビル]においては
一般的に男性トイレには小便器が設置してあります

療育においては「自分でトイレができる」ことは重要な課題です

社会生活をおくる中で、一人でトイレに行けることは勿論ですが
公共のトイレではどのようにオシッコをするかも重要です[ひらめき]

例えば高速道路SAの男子トイレでオシッコをする時、
ズボンと下着を膝まで下げてするのは小さい幼児までならほほえましい姿ですが、
大きな大人になってからお尻を出してオシッコしていたのでは少々困ります[がく~(落胆した顔)]


はーとふるでは男の子の割合が多いので、公共の場にあるような小便器を使って練習しています

また、最近は自動で水洗するタイプが多くなりましたが、まだボタンを押して水を流すタイプもあるので
手動式でも使えるように練習します

そんな練習の成果か、先日の合宿でもみんな上手にSAにトイレを使えたと聞いています[手(チョキ)]


先日のブログにも書きましたが、本日23日より26日まで休診とさせていただきます
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。