So-net無料ブログ作成
検索選択

一年ありがとうございました [日々のこと]

CIMG5491.jpg



今年も残すところあと一日・・・・

一年間、本当にありがとうございました


年々、一年が過ぎるのが早くなっていく・・・・

そんな実感を持ちますが、それでも一年は一年


いろいろな出来事があり、驚いたり、泣いたり、笑ったり・・・

その度ごとに、皆さんに助けられて過ごさせていただきました


DSC_0961.jpg



一年間、寄せていただいた御厚情に深く感謝申し上げ

新しい年の、皆様のご多幸をお祈りいたします


来年は、はーとふるクリニック・NPOはーとふる共に

1月7日(月)からのスタートとさせていただきます


良いお年をお迎えください!!!


発達障害の調査 [雑感]

少し前の話ですが、

文科省が行った発達障害の調査結果が新聞に載っていました

毎日新聞記事.jpg

               (毎日新聞より)

ご覧になった方も、多くおられると思います


東日本大震災の被災地を除く、全国44都道府県の

公立小中学校で、通常学級に通う児童生徒から

53,000人余りを抽出し、担任の先生たちが回答する形で

今年の2~3月に行われたようです


その報告によると、全対象者の中で

学習面又は行動面で著しい困難を示す子どもの割合は、6.5%

学習面で著しい困難を示す子どもが、4.5%

行動面で著しい困難を示す子どもが、3.6%

学習面と行動面共に著しい困難を示す子供が、1.6%


行動面のうち、

不注意又は多動性・衝動性の問題を著しく示す子供が、3.1%

対人関係やこだわり等の問題を著しく示す子どもが、1.1%


という結果になっています


この結果を基に推計すると、全国の小中学校に

61万人位、何らかの発達障害を持った子供たちがいるということなります


この数字が多いと見るか、少ないと見るか

人それぞれだとは思いますが、潜在的に困難を感じている

子供を含めれば、数字は更に増える可能性もあります


ところで、こういった調査は今回が初めてではなく

2002年にも実施されていて、調査方法は若干違うものの

学習面又は行動面で著しい困難を示す子どもの割合は

6.3%ということで、結果において0.2ポイントの違いでした


10年という時間の中で、発達障害を持つ子どもの割合は

大きな変化が無かったということになるのかなぁーと思いますが

大きく変わったと思うのは、「発達障害」という言葉に対しての

一般の皆さんの認知です


その認知が正確であるか否かは別にして、報道はもちろん

テレビドラマや映画にも、発達障害をテーマとしたものが増えて

「発達障害って何?」と言う人はほとんど居ないと思います


一般の認知が高まっていることは、大変ありがたいことだと思います

まだまだ誤解や偏見も多いのが現実ですが、先ず認知されて徐々に

誤解や偏見が矯正され、相互理解に繋がっていくと信じます


また、61万人とかという数字を把握することも大切ですが

そこから、「一人一人に対してどのように関わっていくか」ということが

更に大切だと思います


この新聞記事を見て、例え更なる10年という時間が掛ろうとも、日本が

子供たちにとってより暮らし易い国になっていくことを、願わずにはいられません

シンボルツリー [雑感]

DSC_0974.jpg



いつもお話する「はーとふるのシンボルツリー」のイチョウです


先日の記事で葉っぱが散り始めた、とお伝えしましたが

今は、ご覧のように全ての葉っぱが散ってしまい

ウィンターモードになっています


冬ごもりで、来年の春までゆっくりオヤスミ・・・・かと思ったら


DSC_0972.jpg



近づいてよく見ると、葉が落ちた所から

来春にむけて、既に芽が出てきています!!!


葉っぱを落として一休みする間もなく、次なる成長の準備を

進めているんですねー[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


さすがは、「はーとふるのシンボルツリー」として見込んだ

だけのことはあるなぁ~・・・・などと、妙に感心してしまいました


第14回はーとふるセミナー [お知らせ]

土曜日の夕方、ちらほら舞い始めた初雪・・・・・

少し心配していましたが、日曜日の夜からは本降りとなって


DSC_0969.jpg



今朝の景色は、すっかり雪化粧でしたねー

今も少しチラホラしていて、北の地方では生活に

影響が出始めているようで、心配しています


去年の初雪もこんなに早かったっけ・・・・・

と思い、ブログを遡ってみると、ありました→2011・12・25

平年は知りませんが、去年は25日だったから半月早いんですね


今年の冬は、寒さが一際厳しいようですので気を付けてください



さて、NPOはーとふるでは、14回目となるはーとふるセミナー

来年1月20日(日)に開催いたします

DSC_0942.jpg



DSC_0943.jpg



今回は、発達障害・知的障害がある子どもと「行動の問題」という

大テーマのもと、講師に 池田 聡子 先生

( かえつ有明中・高等学校カウンセラー/埼玉西部地区LD/ADHD等研究会代表)

と、古荘 純一先生(青山学院大学大学院)

お二方のご登壇をいただきます


お二人共、実際の現場で医師やカウンセラー、教師として

子どもや親御さん、そして先生方と接してきた経験が多く

現場での生のお話も交えての講演が楽しみです


はーとふる便り12月号 [はーとふる便り]

昨日の朝はとても冷え込み、可児市内でも

凍結した橋の上などで、スリップ事故が数件あったようです


今朝は昨日ほど寒い朝では無かったものの

とても風が強くて、体感的には昨日より寒かったですね

今日の強風では、クリニックに植えたパッションフルーツのグリーンカーテン

見事にひっくり返り(笑)、引き起こしてロープで補強していただきました


早いもので、もう12月・・・・・寒いのも、木枯らしが吹くのも仕方ありません


今月も、手元に届いたはーとふる便りのご紹介からです


DSC_0947.jpg



今月号の内容は、


① 年末を迎えてのご挨拶・・・・今年も皆さんに大変お世話になりました

   おかげさまで天候にも恵まれ、各行事も順調に行なえました  

   職員一同、年度末に向け一層頑張って参りますのでよろしくお願いします


② クリニックだより・・・・前回、うつ病に効果がある漢方のお話をしましたが

  人の体の健康は、心の健康と表裏一体の関係があることが知られています

  身体のチェックを健康診断で行うように、心の状態を他人にチェックしてもらう

  ことも、状況に応じて必要となります  不安のある方は、気軽にご相談くださいね


③ はーとふるの知恵袋・・・・障害を持った方が就労しやすくするための就労支援や

  職業訓練などを行う施設が設けられています  現実問題、就労までには多くの

  ハードルがありますが、こういった施設を活用したり情報収集を絶えず行なったりして

  就労に向けた努力を欠かさないことが大切だと思います


④ はーとふるーむ・・・・発達協会より「子供の成長にあわせて教える」シリーズの

  一巻(食事編)二巻(排泄・清潔編)が発刊されました 今後も続巻が順次発刊

  される予定になっていますので、興味がある方は職員までおたずねください


⑤ NEW FACE・・・・加藤真由美が新入職員として加わりました  保育士として

  幼児に関わった経験も活かし、療育の場で頑張りますので、よろしくお願いします


以上のような内容となっています


寒くなって、感染症などに罹りやすい時期となりました

忙しい年末ですが、休息や睡眠も十分とって万全な体調で乗り切りましょう!!!



   

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。