So-net無料ブログ作成
検索選択

台風が過ぎて・・・の続き [日々のこと]

台風のあと、鳩の巣には雛鳥だけが残されているのを見て

何とか、自分たちが子育てをしようか?などと考えつつも


ハトの子育ての奥深さを知り、

とても自分たちにはマネ出来ない、という現実に直面・・・・


何度か、何度か、気になって鳩の巣を見に行きました


早く保護してやらないと、弱ってしまうかもしれない・・・・


今なら救ってあげられるかもしれないけれど・・・・


そして、何回目かの時にふと考えました

 「もしかしたら近くに親鳥がいるのかも?」


向かいの建物の屋根、周りの電線の上、近くの木の上・・・・・

居ないなぁ~と見渡していたとき、100mほど離れた電線に

大きめの鳥が留まりました


あれ?鳩じゃないかな??


遠くて鳩かどうか判りませんが、しばらく見ていても動こうとしません

やっぱり違うのかなぁー  と、私が覗いていた窓を離れた瞬間

その鳥が、こちらの方へ向かって翔んできました


そして、巣のある花壇の縁に降り立ちました(↓写真左上)

DSC_0193のコピー.jpg



親鳥です!!!

その後、少し辺りを窺うように少し歩いて

「ポォッポォー」(うまく表現できませんが^^;)と一鳴きして

雛鳥の待つ巣に入っていきました


良かった、ホントに良かった!!!


雛鳥の成長に伴い、親鳥もずっと巣の中に居るのでなく

外へ出掛ける時間が多くなってきているようです


先日、鳩の巣を見たら、雛鳥が立ち上がるようになっていました

CIMG6772.jpg


フワフワだった羽根も、親鳥のような模様のある

大人の羽根になりつつあるようです

少しずつ巣立ちの時が近づいているんですね



台風が過ぎて・・・・ [日々のこと]

本州を縦断した台風4号と、台風5号から変化した低気圧の影響で

6月としては記録的な大雨が、各地で降りました


この地域は2年連続で大きな水害に遭っているので、

みんなとても緊張して待ち構えていました


でも、台風4号は進路が少し南にそれたので、肩透かし?

と言って良いくらい、雨も風も大したコトありませんでした


また、その後の低気圧は結構な雨をもたらしましたが、これも

大事には至りませんでした


やれやれと肩をなでおろした訳ですが、気がかりなのは

「はーとふるのハト」です


風で巣が吹き飛ばされるんじゃないかなぁ?

ひどい雨で孵ったばかりの雛鳥が濡れて大丈夫かなぁ?


しても仕方のない心配をしつつ、夜の間は為すすべもなく

翌朝、まっ先にハトを見に行きました・・・・


CIMG6737.jpg



見ると、巣の中に鳩の姿はありません・・・・

雨がひどくて、巣を捨ててどこかに行ってしまったんだろうか?

でも、雛鳥はまだまだ動けないからどうしたんだろう?

巣の近くを見渡しても、雛鳥が落ちているような様子はありません


例によって、建物の2階に駆け上がって窓から見てみました・・・・

CIMG6738のコピー.jpg



初めはよく分かりませんでしたが、目を懲らして見ていると雛鳥らしき

ものが見えます

更によく見ると、二羽が互い違いにうずくまっているように見えます


死んでしまって、親鳥が放棄しちゃったのかなぁ?

と思いながら見続けていたら、僅かに動いているようです


あっ、生きている!!! 

と安心はしましたが、親鳥が居ないのに幼過ぎる雛鳥が

生きて成長出来るはずがありません


もしかしたら餌を採りに行っていて、やがて帰ってくるのか?

と思い直し、しばらく見続けましたが、その気配もありません


もうしばらく待って親鳥が帰って来なかったら、私たちが餌をやって

育てようか?

外では夜が寒いから、中に入れて育てようか?


などと思案しているうち、私たちは雛鳥の育て方について

一切の経験も知識も持ち合わせていないことに思い至りました



あらためて「鳩の子育て」を検索してみると・・・・


まず、生後2週間くらいで巣立つと思っていましたが、

実は6~7週間掛るということ


更に、ハトの親は雛に「ピジョンミルク」と呼ばれる消化のよい

流動食を自分の体内で作って与えるということ


更にさらに、その流動食は雛の成長に合わせて濃くしながら与える

ということ


調べるほどに「鳩の子育て」に感服するとともに

「自分たちにはとても無理だなぁー」ということが分かってきました


(長くなったので続きは後日)


第13回はーとふるセミナーお気をつけてご来場ください!!




はーとふるのハト孵りました [日々のこと]

土曜日夜から日曜日の朝にかけて、かなり強く雨が降りました

はーとふるのハトは大丈夫かなぁ? と気になっていて

月曜日、またハトの巣を見に行きました  すると・・・・


CIMG6700のコピー.jpg


親鳥は、巣の中にいて一安心

でも親鳥の胸元に、何だかムクムクとしたモノが・・・・


もしかしたら、卵が孵ったの???


例によって、建物の二階に駆け上がり窓から見下ろすと・・・・


CIMG6718のコピー.jpg


写真では少しわかりにくいですが、雛鳥が親鳥の傍で

時々モゴモゴしています[手(チョキ)]


無事に産まれてくれたんだー[ハートたち(複数ハート)]

なんか、妙に感動してしまいました


こうなれば、次は無事に巣立っていくのを見守りたい

と思いますが、ハトの居なくなった巣を想像すると少し寂しい気もします


まるで子育てと同じですね(^u^)


心配なのは、天気予報によると強い台風が今日から明日にかけ

この地方にやってくる、と言ってること


強い風が吹くと、木も揺れるし、小枝で作った巣は大丈夫?

心配は尽きませんが、これも子育てと同じですね


第13回はーとふるセミナー残席わずかとなりました

はーとふるのハトその後 [日々のこと]

梅雨入りした後も、「降りそうで降らない」天気が続き

この辺りの「水がめ」、岩屋ダムの貯水率が半分程になったとのこと


今夏は、節電に続き節水も重なるのか・・・・・


などと心配されている中、不謹慎ながら「もう少しカラ梅雨でいて」とも願っています


というのも、前回の記事に書いた「はーとふるのハト」

軒下でも何でもない木の中に営巣しているので、ひどい雨が降ると

母鳥も卵もずぶ濡れになってしまい、大丈夫かなぁ?

と思っているからです


そんな調子で、何だかんだ気になって毎日覗き込んでいますが(笑)・・・・・


CIMG6695.jpg



今日は、母鳥の姿勢がいつもと違っていたので

もしかしたら、孵化したのかな? と思って

建物の2階の窓から、角度を変えて見てみました


CIMG6672_jpg.gif



ちょっと分かりにくいですが、巣の中にひな鳥の姿は確認できないので

きっとまだ抱卵している最中だと思います


人から聞いたところによると、ハトは産卵してから2週間ほどで孵化して

孵化後2週間ほどで巣立つということらしいです


産卵の時期は分かりませんが、発見してから1週間は経つので

間もなく孵化するんじゃないかなぁー、と思っています


どうか無事孵化して、巣立っていくまで

大雨だけは降って欲しくない・・・・・そんなことを念じている今日この頃です

第13回はーとふるセミナー残席わずかとなりました


「はーとふる」に「ハト来る」 [日々のこと]

オヤジの駄洒落風タイトルでスミマセン(^^ゞ

どうしても使ってみたかったので・・・(笑)


先日、はーとふるの近くの樹にミノムシが付いていたので

取り除いていたら、いきなり「バタバタバター」とハトが飛び去りました


向こうも驚いたようですが、こっちもビックリ!!! 腰を抜かしそうでした(笑)


しばらくして我に返り、「なんでこんなトコに鳩が???」

もしかしたら、と枝をかき分け覗いてみると・・・・

DSC_0158.jpg



やっぱり思ったとおり有りました、鳩の巣が!!!

しかも、巣の中には親鳥が温めていたと思われる卵が二つ!!!


私が近づいても、卵を庇ってジィーっとしていたけど

さすがに手を伸ばしたときに耐え切れずに飛び去ったんですねー


実はNPOはーとふるのシンボルマークは、親鳩が子供を抱く姿を

イメージしてあります


そんな「はーとふる」の近くを選んで子育てをしようと来てくれた

この鳩に、とても親しみと縁を感じました



それにしても、あれだけ驚かせてしまって

もしかしたら、卵を放棄してしまうんじゃないか?


しばらく不安だったので、時間を空けて見に行ってみたら・・・・

DSC_0160.jpg


心配ありませんでした

ちゃんとお母さんは戻って来て、卵を温めていました


これを見て私もホッと一安心[わーい(嬉しい顔)]

この卵が無事孵化して、元気に巣立っていくのを見守りたいと思います


第13回はーとふるセミナーまであと二週間となりました


はーとふる便り6月号 [はーとふる便り]

最近は雷が鳴ったり、雹が降ったり、荒れた天気もありながら

爽やかで過ごしやすい日が続いていましたが

月が変わって、すこし暑くなった気がしますねぇー[あせあせ(飛び散る汗)]


もう少しの間だけでも、爽やかな日々が続いて欲しい・・・・

そんな贅沢な(?)ことを思いつつ6月に入りました


月初めは、はーとふる便りのご紹介です


CIMG6665.jpg



今月号の内容は、


① 夏合宿のご案内・・・・恒例となりました「夏合宿」、今年も7月25~27日の

 日程で開催します  併せて、7月1日に合宿勉強会を行います


② おねがい・・・・不要になった介助箸をお持ちの方、譲っていただけませんか?


③ おしらせ・・・・一度しか履いていない21㎝のトレッキングシューズ、必要な方は

 お申し込みください   保護者さんからたくさんのタオルを戴きました 


④ クリニックだより・・・・発達障害を持つ子どもさんには鼻汁・鼻閉の症状を持つ

 子も多く、これが不注意や睡眠障害を助長することがあります    

 効果的な漢方薬などもありますので、ご相談ください


⑤ はーとふるの知恵袋・・・・歩行訓練にも他の訓練同様に「効果的な進め方」

 があります  その取り組みのステップを解説しています


⑥ はーとふるーむ・・・・クリニックでの訓練のご案内です


以上の内容となっています


第13回はーとふるセミナーまであと三週間となりました



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。