So-net無料ブログ作成

秋深し・・・・・ [旬のもの]

今朝は、よく晴れ渡って気持ちいい天気ですねぇ~

そのぶん少し冷え込んで、一枚多く着込んで出かけました


クリニックにも、風邪で来院する方が出始めましたので、気をつけてくださいね


秋が深まってくると、「秋深し 隣は何を する人ぞ」っていう句が頭に浮かびます

芭蕉の晩年の名作で、ホントは「秋深し」じゃなくて「秋深き」らしいのですが・・・・・

私は、こう覚えているんで仕方ないですよね(笑)


隣といえば、私どものクリニックの北隣は道を挟んで畑になっています

畑といっても、栗や柿などの果樹がたくさん植えられていて、

ときどき、持ち主の方が手入れに来られてます


春には、栗の花が咲き、柿の花が膨らんで小さな実をつけ

やがて小さな栗の実が大きな毬となって・・・・・季節の遷り変りを知らせてくれます


秋が深まり、柿の木にはたわわに実った柿が「柿色」に輝いています(柿書き過ぎ?)

CIMG6250.jpg



「美味しそうだなぁ~」って毎日横目で見て過ごしていたら、この隣の畑の方から

「たくさん採れたからどうぞ」と、とてもたくさんの柿を届けていただきました[るんるん]

NPOのスタッフや、ちょうど来院してみえた方と分けていただきました


カリッと歯応えがあって、程よい甘さが口に拡がりとても美味でした

それに、いただいた柿は種が少なくて食べ易く、最高です!

「食欲の秋」、季節の美味しいものを「美味しい!」「美味しい!」と言って

食べられるのは、幸せですよねぇ[わーい(嬉しい顔)]


ところで、あさって30日(日)は、先日雨で延期したファミリーハイクです

いつも見ている週間天気予報では、なんとか大丈夫そうですが・・・・・

みんなで山に登って、美味しいお弁当に「美味しい!」「美味しい!」と舌鼓を打ちたいものです


雨降りになりました [雑感]

27.jpg


ザンネンながら、久しぶりの雨降りになってしまい

今日予定していたNPOはーとふるのファミリーハイキングは、30日に延期です


天気予報が「全国的に雨」でしたので、お母さん達の負担を減らそうと

NPOスタッフが、昨日の段階で判断して連絡してくれました


今日出来なかったのは、もちろん残念ですが、

天気予報が当たって少しホッとしているのかなと思います


こういう判断をする時って、本当に迷いますよねぇー

正直、出来ればそういう立場になりたくないのが人情です

今回、雨が降ったから言うんじゃありませんが、とても適切な判断だったと思います


それにしても、最近の天気予報はよく当たりますよねぇ


週間天気予報が最初に出た時から、今日は雨の予報でした

まだまだ日にちがあるから、前か後ろにズレて

何とか晴れるんじゃないかなぁ~・・・・などとタカをくくってましたが

見事にぴったしカンカン!(チョット古)


雨ですが、天晴れ!天気予報!!・・・・・たいしたもんです


さて、こうなると気になるのは延期になった30日(日)のお天気

さっそく週間天気予報を調べると・・・・・まだ前日の土曜日までしか出てません

でも、明日から土曜日までの週間天気予報に☂マークは皆無・・・・・


う~ん・・・・・・・これをどう捉えるか・・・・・、


道は二通りありますが、「この調子なら大丈夫」に一票を投じて

先ずは、良い天気予報を待ちましょうか(笑)


子供預けて映画に [ご紹介]

映画、お好きですか? 最近、映画観てますか??

観に行きたいとは思っても、ナカナカ・・・・・・・って方多いんじゃないですか???


特に小さなお子さんがみえると、

子供が観たい映画なら良いけど、自分(親)が観たい映画をいっしょに、は難しいですよねー

ましてや、もっと小さなお子さんだと、上映中に愚図りだしたり、大声で泣き出したり

行ける時間があっても、気後れしちゃったりしますよねー

EPSON010.jpg


そんな皆さんに、「アーラ映画祭2011」をご紹介します

毎年秋に、可児市文化センター「アーラ」を会場として行われている映画祭で

今年も10本以上の映画が上映され、映画監督や脚本家のトークショーも開催されます


作品の選定は、市民から成る映画祭実行委員が、優れた日本映画という限定で

話題作や単館系で見るチャンスが少ない作品、地元にゆかりの作品などを選び

運営も実行委員会が行っているそうです

まさに、「市民による市民のための映画祭」という感じですが、

市民でなくても鑑賞可能ですから、「市民による映画好きのための映画祭」ですね!!!

EPSON011.jpg

EPSON012.jpg


入場料は、全席指定にもかかわらず、大人前売り800円(当日1000円)・18歳未満半額

とってもお値打ちに、アーラ小劇場のデラックスなシートでゆったりと鑑賞できます


でも更に、この映画祭の素晴らしいところは、無料託児サービスがあるところです

11月11日までに、アーラの窓口に申し込みが必要ですが、これは嬉しいですよね!


前売り券の発売は、15日より始まっています

映画好きだけど、ナカナカ・・・・っていう方、久しぶりにいかがですか?


子育て世代の皆さん、たまには「自分の時間」も大切にして下さいね[わーい(嬉しい顔)]



もうすぐファミリーハイク [NPOはーとふる]

800px-Nagara_Medical_Center02.JPG


NPOはーとふるのファミリーハイキングが、来週にせまりました


3年前から始めた恒例行事で、昨年は日程調整が出来なくて開催出来なかったので

今回が、3回目の開催となります


前回までは、日曜日に開催していましたが、お父さん達が参加するには

土曜日のほうがありがたいという、参加者からのご意見もいただき

今年は10月22日(土)の開催となりました


登る山も、1・2回については各務原市の「各務原自然遺産の森」だったのが

今回は、岐阜市にある「長良川ふれあいの森」に変わりました


毎回、実施前にはNPOはーとふるの職員たちが実際のルートを登って

危険な箇所や、コースの難易度をチェックしており、

今回は初めての山ということで、より入念に下見をしていました


それによると、登山道は整備されて歩きやすいので安心、とのこと

ただ、坂道がたくさんあるので踏ん張る力を必要とするとの報告を受けました


NPOはーとふるでこのファミリーハイキングを行うねらいとしては、

「最後まで親子でやりきることで達成感を得る」

「子どもの体力面・精神面での現状を知る」

「子ども同士・親同士の親睦を深める」

などがありますが、少しがんばって踏破できるくらいのルートが

所期の目的達成には、ちょうど良いかナァ~と思っています


参加いただく皆さんには、出来れば清清しい秋空の元で

心地よい汗をかきながら、親睦と成果を実感いただければ嬉しいです


最後に蛇足ながら、親御さんにとっては何でもないコースだとは思いますが

普段、運動不足で歩き慣れない方が、いきなり歩かれると思わぬケガをすることもあります


事前に少し歩いておいていただく・・・・・のは、無理でも、当日行う準備体操は

子どもさん以上に念入りに行ってくださいね!!!(笑)

はーとふるバーベキュー [NPOはーとふる]

9月のとある土曜日、クリニック前の駐車場から何やら良い匂いが・・・・・・

匂いに惹かれて覗いてみると


P1020939.jpg



外でバーベキューをやってました

当日は、よく晴れ渡ってホントに気持ちいい天気だったので、うらやましいなぁ~と


でもこれは、NPOはーとふるに月に一回通ってくる中学生と6年生の子ども達のプログラム

特に、子どもの自主性と子供同士のコミュニケーションを重視した新しいプログラムだそうです


ですから、何を焼くかを決めるのは子ども達、食材を買ってくるのも調理をするのも

全部、子ども達とのこと!


P1020935.jpg



子供たちは、今までの療育の一環で「買い物」や「調理」はやってきて少し自信?があります

これに、彼らがちょっと苦手でもあるコミュニケーションを加え

興味を維持しながら共同作業をし、成果として御馳走を賞味する

へぇ~、よく考えてあるナァ~  と感心しました

P1020936.jpg


バーベキューの支度から片付けまで、限られた時間の中でこなすのは大変です

そこは、お父さんお母さんや職員の助けも受けつつではありましたが

無事、美味しいバーベキューが食べられたようでした


子供たちの記憶に、この美味しい思い出といっしょに、みんなで話し合って成し遂げた

心地良さが残ってくれたらサイコーですね!!!

食欲の秋、皆さんもこのお休みに、お子さんとバーベキューなどいかがですか?


すすき [雑感]

CIMG62091.jpg


車で走っていて、道端の「すすき」に目が止まり撮った写真です

何か妙に「懐かしい」気がしました


以前は、野原にびっしり生えていて気にしたこともなかったんですが

最近は、黄色いブタクサ(セイタカアワダチソウ)に押されて、影が薄くて

野原一面のススキがとても新鮮に思えました!


中秋の名月の時にも書きましたが、十五夜の夜は月見団子といっしょに

このススキが飾ってありました

地味な飾り付けでしたが、まさに日本的な風情ですねぇ~


でもよく考えると、当時は十五夜の頃にススキが穂を出していたってこと

今は、一ヶ月も遅れていて・・・・・・これも温暖化ですかネ?


子供の頃、野原を走り回っていると、このススキの葉っぱで足や手が傷だらけになり

あまり好きじゃなかった覚えがありますが、

最近、ブタクサに押され気味だったススキが、勢力を盛り返しつつあると思うと

ちょっと嬉しかったです


ススキは、昔から日本人の生活の中でいろいろと利用されてきました

私の故郷にも、隣の八百津町にも「ススキノ」という地名がありますが

このススキノという地名は、生活に利用するススキを刈取る場所だった

という話を聞いたことがあります


皆さんのお近くにも、きっとススキノ在りますよね?


やっぱり、日本の「原っぱ」にはブタクサよりもススキが似合いますネッ!!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。