So-net無料ブログ作成
検索選択

胡蝶蘭その後 [雑感]

以前の記事で書いた胡蝶蘭ですが、かわいい花をつけました[手(チョキ)]

DVC00066.jpg


もとの花よりは少し小ぶりですが、花芽をつけたときからずっーと見てきたので
子どもの成長を見るような感激があります[ハートたち(複数ハート)]

よーく観察[サーチ(調べる)]すると、別の所からも枝らしきものが出ているようです

またまた期待してしまいます[るんるん]

はーとふるセミナー [NPOはーとふる]

CIMG5572.jpg


6月20日に名古屋国際会議場をお借りして「第9回はーとふるセミナー[本]を開催しました。

たくさんの皆さんに申し込みをいただき、近県をはじめ福岡県広島県などの
遠方[新幹線]からも参加いただきました。

セミナーの[ひらめき]メインテーマは「発達が気になる子どもへの保育・教育」ということで


CIMG5603.jpg


それぞれの専門分野から3名の女性講師の方に講演をしていただきました。

具体的で実践的な内容が多く、「明日からすぐに役立つ」というような嬉しい[ハートたち(複数ハート)]感想がたくさん聞こえてきました。

アンケートに協力いただいた中には、皆さん方のニーズや要望もたくさんいただきました。

聴講いただく方の立場や知識も多様ですので難しいところもありますが、
より多くの皆様に[わーい(嬉しい顔)]喜んでいただけるセミナーにしていきたいと思っています。

次回は、年明けの1月に第10回を開催させていただく予定です。[soon]


胡蝶蘭 [雑感]

半年前にクリニックを開院した際に、とても立派な胡蝶蘭[ぴかぴか(新しい)]をいただいて待合室に飾っていました。

今まで何度か胡蝶蘭を育てましたが、いつも花が落ちると茎と葉っぱだけの寂しい状態になってしまいました。

CIMG5517.jpg


今回もご多分にもれず茎と葉っぱだけの姿に・・・・・・[バッド(下向き矢印)]
でも半年以上もったから、まずまずカァ~・・・・・と思っていました。


しかし、よく見る[サーチ(調べる)]と3本の茎の1本から枝が出てきて蕾を付けているじゃないですか[exclamation&question]

CIMG5518.jpg


これは、私の胡蝶蘭史上(?)初めての快挙です[手(チョキ)]

もう駄目かと思った花ですが、内に逞しい生命力を持っていたんですねぇ[グッド(上向き矢印)]


最近、思春期や成年になってから「実は発達障害を持っていた」ことが分かって、悩んでみえる方が増えています。

でも人間は、いくつになっても成長する力を内に秘めています。

努力は必要ですが、胡蝶蘭のように「もう一度花を咲かせる」ことは必ずできる・・・・・そう信じています。




イチョウの木 [クリニック]

CIMG5479.jpg

昨年(2009年)の春に、はーとふるの建物が完成し記念樹としてイチョウの木を植えました。

植え時が良くなかったのか葉っぱが全部落ちて[バッド(下向き矢印)]しまい、枯れちゃったんじゃないかと心配していましたが、一年振りにカワイイ葉っぱを付けて安心させてくれました。[手(チョキ)]


イチョウはとても強い木で、少々のことでは枯れず成長[右斜め上]も早いそうです。

はーとふる&はーとふるクリニックには、発達に問題を抱える子供たちもたくさん通っています。
そんな子供たちに発達の遅れを乗り越えて、すくすくと逞しく成長していって欲しいという願いをこめて記念樹に選んだのがイチョウの木だったのです。

もう一つ、成長(せいちょう)とイチョウの駄洒落[ひらめき]って話もありますが・・・・・(笑)


実は、はーとふるクリニック[病院]医療法人名を「育樹会」といいます。この名前もこのイチョウから名付けました。

この大切な木が、一年振りにカワイイ葉っぱを付けてくれたことは私にとってとても嬉しい出来事で、
子供たちの一年間の成長と重ね合わせてしばらく[目]見入っていました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。